• ホーム
  • 勃起薬を使用し続けるのは問題がある?

勃起薬を使用し続けるのは問題がある?

EDに悩んで勃起薬を使用しているうちに気になってくるのが、このまま使用し続けることで体になんらかの問題が出てくるのではないかということでしょう。
勃起薬を含むED治療薬は基本的に性行為の前に服用するものですので、そのたびに使用し続ける必要があります。
そのため、こうした不安を抱いてしまうのも当然です。

では、実際に勃起薬を使用し続けるとなにか問題があるのかというと、結論からいえば、問題はないといえます。
ED治療薬はその都度、体内で分解されてしまいますので、成分が残って体に影響を与えることはないのです。

また薬の中には長期服用をすることで体に抗体ができて効き目が悪くなるというものもありますが、勃起薬を含むED治療薬ではそうしたことは起こりません。
ただし、当然ですが使用し続ける間に年齢も重ねていきますので、そうした加齢によって勃起持続時間が短くなってしまうことは起こりえます。
もちろんこれは長期服用が原因で効力が弱くなったわけではなく、あくまで加齢が原因となります。

このようなことから、勃起薬のようなED治療薬を使用し続けても問題はないのですが、一つだけ注意しなければいけないことがあります。
それが心臓や脳血管系の病気を患ってしまったような場合です。

勃起薬の多くが血流を促して勃起持続力を高める作用がありますので、心臓に疾患があったり、脳梗塞や脳出血といった既往歴があったりすると、命に係わるリスクを高めてしまう可能性があるのです。
病気のリスクは年齢を重ねるごとにあがっていきますので、服用を始めた頃は健康であっても、こうした病気を患ってしまった場合は使用を控えた方がよいでしょう。

またもともと肝臓が弱いというような方も注意が必要です。
どのような薬でも肝臓で分解されますので、継続して服用することで肝機能障害を引き起こしてしまうことがあります。
ですので、こうした方が使用する際には医師にしっかり体の状態を把握してもらうことが重要です。

EDは自然と改善される場合もある

基本的になんらかの疾患がなければ、ED治療薬を使い続けることは問題ありませんが、やはりいつかは症状が改善して、薬の力に頼らなくても自然に性行為ができるようになりたいと考えることでしょう。
実は勃起薬のようなED治療薬はそのためにも使い続けることが重要なのです。

どういうことかというと、EDにはなんらかの病気が要因となって引き起こされる器質性だけではなく、精神的なことが原因で起こる心因性のものがあるからです。
例えば、一度、性行為に失敗をして自信をなくしてしまうと、次も失敗してしまうのではないかと不安になって勃起が不完全になってしまうことなどがあります。
他にも仕事の失敗などストレスによって自信を失って性機能に影響が出ることもあります。
こうした心因性のEDを治療するには自信を取り戻すことが必要なのです。

ですので、勃起薬を使って性行為を成功させていくことで自然と症状が改善していくことも期待できるのです。
最初は薬を使って勃起を促したり、持続させていたとしても、こうして自信を取り戻していくことで薬を使わずに性行為ができるようになることもあります。

もちろん心因性は気持ちの持ちようですし、原因となったストレスなどが軽減することで、ED治療薬を使わなくとも自然と改善していくケースも珍しくありません。
ただ自然に改善するかもしれない、となにもしないでいると、性行為に及ぶことそのものに恐れを抱くようになり症状を悪化させてしまう可能性もありますし、パートナーにも負担となってしまうことがありますので注意が必要です。
できるだけ早く自信を取り戻して症状を改善したいのであれば、その補助的な役割としてED治療薬を使うというのも一つの方法なのです。

関連記事
精力アップは食べ物に気を配る! 2020年06月10日

現代社会では生活習慣の乱れやストレスといった様々な要因から、精力の減退を感じている男性がとても増えており、サプリメントや精力増強剤に頼って生活する方も多いのではないでしょうか。しかし出来ることなら日々の食事で精力をアップしていきたいものです。では精力を増進させるためにどんな栄養素が含まれる食事を摂取...

カマグラゴールドの勃起効果は絶大 2020年01月18日

「カマグラゴールド」は世界で最も有名なED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同様の有効成分シルデナフィルを含有しているため同等の効果を持ちながらも、開発費が抑えられたジェネリック薬であるため価格が安いという特徴があります。服用後は約30分ほどで効き目が現れ、約1時間ほどでその効果...

レビトラの特徴は即効性 2020年03月10日

男性は性的な刺激を受けたり興奮したりすると細胞内にcGMPという成分が増えて血管が拡張し勃起します。この勃起に必要なcGMPを壊すPDE-5という酵素があり、cGMPが壊されてしまうと血管が収縮して勃起が治まってしまいます。レビトラはPDE-5阻害薬なので、EDの治療に効果があります。レビトラは日本...

ラブグラとフリバンセリンは女性用に作られました 2020年03月28日

多くの女性が性機能障害に悩んでいると言われていますが、他人には相談しにくい問題であるため一人で抱え込む女性が多く、これまで正確に症状や要因が特定できませんでした。特に女性の場合、性行為そのものに嫌悪感を抱くものから、性的な欲求はあるものの膣分泌液が上手く分泌されないなど、その症状が非常に多岐にわたる...

彼女が不感症の場合はどういう対応をすれば良い? 2020年05月11日

交際している彼女が不感症だと知った時、男性はがっかりしてしまうかもしれません。男女の関係において、セックスは絶対的に必要なものではありませんが、セックスを行わないということはストレスとなる可能性もありますし、夫婦となることにたいして消極的になってしまう理由の一つになるかもしれません。彼女が不感症であ...